SponsoredLink

青梅で梅酒・梅ジュース作り

今年は六月五日に梅取りをしました。
梅干し用の梅はもう一週間後に収穫してさらに黄色くなるまでそのままコンテナに置いてから漬けました。
さてさて、梅酒作りは・・超簡単!氷砂糖とお好みの果実酒を用意して漬け込むだけです。
ちなみに私は果実酒用のブランデーで今年は作ってみました。
出来上がりが楽しみです。
去年はホワイトリカーで作りました。
お風呂上りなど、水割りまたは炭酸水で割って頂いています。
めちゃめちゃおいしいですよ。
子供達には梅ジュースを作りました。
毎日お砂糖が溶けていく様子を見ながら、時には、ビンを揺ったり、菜箸でつんつんつついたりして出来上がりまで楽しみました。
梅:砂糖 1:1の割合で作ります。
さっぱりした方がお好みの方は氷砂糖で作ればさっぱりと仕上がります。
うちではお茶代わりに毎日がぶかぶ飲んでいます。
さっぱりとしていて喉の渇きもとまりますよ。
また、かき氷のみつとしてかけてもおいしく頂けます。
今年は南高梅で梅酒と梅ジュースを作りましたが、南高梅では酸味が出過ぎてちょっぴりすっぱかったです。
南高梅で作る場合はお砂糖の量を多くするか、または、古城で作るといいと思います。
梅の王様、南高梅はやはり梅干しにすればいいと思います。
この記事へのコメント
梅太郎さん、私のブログtoki-dokiにトラックバックをいただきありがとうございました。
ついつい暑さのためかビールに走りがちですが、ふとコンビニで目にした鴬宿梅ラム酒仕込みがとても気に入りました。
梅のさっぱり感とラムのしっかりした香りが心地よく,氷でちょっと冷たくする程度で楽しんでいます。
梅太郎さんはご自分で色々お造りのご様子。
私もいつかそのような楽しみ方ができるようになりたいと思います。
Posted by たっつぁん at 2007年08月27日 02:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5199980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック